毛生え薬

薄毛や軟毛化など何について悩んでいるのか?

 

30代に突入してから突然代謝が落ちたため、お腹周りに脂肪がつくようになった頃からつむじを中心にてっぺんから髪の毛が細く薄くなっていることに気づきました。薄毛というのは人生で初めての経験でしたので、不安になり育毛剤を購入して使用をしましたが口コミで評判のものを頼りにして購入したため、自分の頭皮にあっているのかを調べずに使用したため、肌に合わずストレスによりつむじはげが進む原因となりました。

 

 

 

・自分として、薄毛や軟毛化の原因だと思っていること

 

私のつむじはげの原因は不摂生だと思っています。30代になっても20代の頃のように揚げ物を好物とし、運動をせずに過ごしていました。食事を年齢とともに変えていく必要があり、野菜を意識的に摂取する必要がありましたが血液検査でもドロドロ血液で引っかかるなど食事改善を必要とする段階まで進んでいたからだと思います。髪の毛の発育には栄養が必要なため、栄養は血管の中の血液から全身に流れますので、血液のドロドロは非常に薄毛に関わっていたと思います。

 

 

 

・その原因に対してのあなたの状況は?(ハゲ家系の末裔、甘党で血糖値が高いなどなど)

 

家系の中にハゲているという人は、いないためDNAによる影響というのは少ないとわかりました。しかし、ハゲの天敵である食事の面においては仕事柄お昼ご飯は外食が多く中華料理、ラーメン、ハンバーガーなどファーストフードに偏った食生活になっているため、カロリーの高い食事となっていました。また、1ヶ月で運動はほとんどしないなど健康診断でも指導を受けていました。

 

 

 

・あなたが原因に対してどんな対策をしているのか?

 

次に、つむじからくる薄毛対策として、食事制限とストレスフリーの生活を心がけるようになりました。ストレスは、栄養分を消耗して高ぶった神経を落ち着かせることに消費されてしまうため、頑張って野菜を摂取しても効果が期待できにくいということになりますので、できるだけ運動をしてストレスを発散し、食事に野菜を食べるように意識をしていました。

 

 

 

・その対策をした結果今はどうなのか?

 

運動と食事を以前にくらべると行うようになったことで、発汗量が増え脂肪が燃焼する体質へと変わりました。そのため、お腹周りの脂肪が減少しギトギトとした油っぽい汗をかかないようになりました。お肉を食べるよりも野菜を食べるようになることで、満腹感を感じやすくなり暴飲暴食というのも少なくなりました。あまり油っぽい食事も以前より食欲がわかなくなったため、現在では、お昼はお弁当を持参して社内で食べるようになりました。食生活と生活習慣を変えることで抜け毛もおさまりました。